原付免許の取得方法

原付(原動機付自転車)は排気量が50ccまでの小型バイクを指します。
取得可能年齢:16才~
取得方法:運転免許センター(試験場)等での学科試験と実技講習の受講で取得できます。

免許の申請手続きに必要な物/費用

・住民票の写し(本籍地の記載がある発行から6ヶ月以内のもの)
・顔写真(縦30mm×横24mmで撮影から6ヶ月以内のもの)
・筆記用具  ・印鑑(認め印で可)  ・メガネ・コンタクトレンズ(視力矯正が必要な人の場合)
・運転免許申請書(運転免許試験場にて配布)  ・受験票(運転免許試験場にて配布)
・費用(受験料1750円+講習料4200円+交付手数料2050円の計8000円)
※記載費用は法令で定める標準額ですので、各都道府県の運転免許試験場(免許センター)にご確認下さい。

原付免許取得までの流れ

①原付講習(正しく安全に乗るための乗り方講習)の受講
講習内容:「基本操作」「基本走行」「応用走行」「安全運転の知識」について、学科と技能を3時間受講。
※技能講習では、実際に原付バイクを運転しますので、バイクの運転に適した服装(長袖・長ズボン・
運動靴・手袋など)で受講しましょう。

②適性試験(試験場で行われる簡単な身体検査)

視力検査 : 両眼で0.5以上で合格(眼鏡・コンタクト可)
色彩識別検査 :赤色、青色、黄色の識別ができること。
運動能力検査 :車両を運転することができる身体的な能力
聴力検査 :不要

③学科試験(正しい交通ルールやマナーについての試験)

試験時間:30分
合格基準:90%以上の正解で合格
試験内容:文章問題(交通ルールを中心とした問題)46問とイラスト問題(イラストを見て答える危険予知の問題)で2問

                           
④原付免許交付