バイク・二輪合宿免許.comの各種免許

バイクライフを始めたいと思っても、「どんな種類のバイク免許があるのか?」「自分が乗りたいバイクに必要な免許は?」「免許の取得方法は?」など色々な疑問が出てくると思います。
このページでは、バイク(二輪車)免許取得に必要な情報を紹介します!
バイク(二輪車)免許は【原付】【小型限定普通二輪】【AT小型限定普通二輪】【AT限定普通二輪】【普通二輪】【AT限定大型二輪】【大型二輪】の7つの種類に分かれており、各免許によって、排気量や取得対象年齢等の制限があります。

運転できる車種
総排気量 50cc以下 50cc超
125cc以下
125cc超
400cc以下
400cc超
免許の種類      
原付免許      
小型免許
(AT限定も含む)
   
普通二輪免許
(AT限定も含む)
 
大型二輪免許
(AT限定は650ccまで)

原付免許

排気量~50cc 年齢16歳~ 二人乗り× 高速道路 ×
原動機付自転車(原付)とは、総排気量が50cc以下の二輪車又は三輪車のことで、免許センター(運転免許試験場)での学科試験(筆記試験)のみで取得できます。但し、原付講習を受講しなければ免許証は交付されませんので、まずは原付講習を受ける必要があります。 近場の買い物や通学・通勤などで活躍します!取り回しも楽なので気軽にバイクを楽しむのに最適です! ※運転免許証(小型特殊免許を除く)を保有していれば、運転可能です。

 

小型限定普通二輪免許

排気量~125cc 年齢16歳~ 二人乗り○ 高速道路 ×
排気量125cc以下の二輪車を運転できる免許。原動機付自転車では、二段階右折や速度30km/h規制があり、二人乗りもできない為、この小型二輪免許を取得する方も多いです。税金や保険等の維持費が安く経済的です!※強制保険の料金は原付(50cc)と同じ

 

AT小型限定普通二輪免許

排気量~125cc 年齢16歳~ 二人乗り○  高速道路 × AT車限定 排気量125cc以下のオートマチック(AT)二輪車を運転できる免許。スクーターやクラッチ操作不要なカブ等も運転可能。原動機付自転車では、二段階右折や速度30km/h規制があり、二人乗りもできない為、このAT小型二輪免許を取得する方も多いです。

 

普通二輪免許(合宿免許入校受付中)

排気量~400cc 年齢16歳~ 二人乗り○ 高速道路○
排気量400ccまでの自動二輪を運転することができる免許。自動二輪の中でも一番取得人口が多く、クラッチ操作とギアチェンジを行います。高速道路も走れるのでバイクを本格的に楽しみたい人は普通二輪免許(中型バイク)がお薦めです。街乗りからツーリングまで、マルチにこなせます!本格的に走りを楽しめる排気量レベルになるので、自賠責保険(強制保険)や任意保険、車両保険に入る必要が出てきますし、また排気量250㏄を超えるものは2年ごと車検を受けなくてはなりません(250cc以下のバイクには車検はありません)。

 

AT限定普通二輪免許(合宿免許入校受付中)

排気量~400cc 年齢16歳~ 二人乗り○ 高速道路○ 
AT限定 排気量400cc以下のオートマッチク(AT)自動二輪を運転できる免許。スクーターなのでクラッチ操作やギアチェンジの必要がありません。MT二輪と同様に125ccを超える自動二輪は高速道路を通行可能です。本格的に走りを楽しめる排気量レベルになるので、自賠責保険(強制保険)や任意保険、車両保険に入る必要が出てきますし、また排気量250㏄を超えるものは2年ごと車検を受けなくてはなりません(250cc以下のバイクには車検はありません)。

 

大型二輪免許(合宿免許入校受付中)

排気量 制限なし 年齢18歳~ 二人乗り○ 高速道路○
全ての自動二輪を運転することができる二輪の最上位免許。パワーのあるビッグマシンに乗るなら、排気量制限なしの大型二輪免許(大型バイク)がお薦め!長距離走行やタンデムツーリングを楽しめます。 高速走行時の安定性が高く、高速道路を走るときの乗り心地は最高です。 勿論、保険や車検の必要がります。※大型二輪免許取得へ向けてのステップアップとして、まず普通二輪免許を取得される方が多くいらっしゃいます。

 

AT限定大型二輪免許

排気量~650cc 年齢18歳~ 二人乗り○ 高速道路○ AT車限定 排気量600cc以下のオートマッチク車のみ運転できる二輪免許。650cc超えのAT自動二輪車に乗る場合は、大型二輪免許が必要な他は、大型二輪免許と同じです。